今が結局幸せであるという心理

お金と心理について書いています。

現状維持となる人の心理を紹介します。

「現状維持バイアス」といいます。

家計簿をつけたことがない人の話で説明していきましょう。

今まで家計簿をつけたことがない人が
はじめる場合、とてつもなく大きなエネルギーを必要とします。

今までやっていなかったことだからです。

家計簿をつける時間を作らなければなりません。
買ったもののレシートをお店でもらわなければなりません。
家計簿を書いて計算をしなければなりません。
結局毎月いくら貯金ができたのか、貯金を取り崩してしまったのかを確認しなければなりません。

こういう行動を今までの習慣の中に入れるというのは
やっていない状態と比べて1.5から2.5倍の価値があると、
初めてやる気が起きる
そうです。

家計簿をつけられないで頓挫してしまう人は
こういう価値を感じるものがなければ、現状のままになってしまうでしょう。

誰もが今のままが幸せなのです。

でも、ベターライフスクエアがかかわることで
新しくはじめることの大変さを軽くすることができます。

1.5倍から2.5倍の価値を感じて
当事務所に来ていただける方が増えるように頑張りたいと思います。

コメントの入力は終了しました。