投資信託を選ぶ 債券と投資信託の債券ファンド

将来の年金づくりを
<具体化>
<仕組み化>
<投資目標づくり>でサポートする
ベターライフスクエアです。

投資信託にはいろいろな種類があります。

債券を買うときは
ひとつのものしか買えません。

もし10万円を投資したいと考えたら
個人向け国債に10万円払ったらそれで終わりです。

10万円のうち

個人向け国債に5万円投資して、
ソフトバンクの債券に5万円投資できればいいのですが
そんな都合のよいものはなかなかありませんよね。

いろいろな債券を買いたいというときは
債券型の投資信託を買うこともできます

投資信託なのでもっと少額から可能です。
毎月積立なら1000円でできるものもあります。

タイプは

国内型
海外型
公共型
国の債券型

など、多種多様です。

また一つの債券を買っていると
その債券に対するリスクは必ずあります。

リスクを分散させるにも
投資信託ならば可能です。

手間のかかり具合と、債券の投資先の構成で
その投資信託の手数料が高いか低いか、考えてみるといいでしょう。

コメントの入力は終了しました。