投資信託をはじめた 基準価額ってなに?

将来の年金づくりを
<具体化>
<仕組み化>
<投資目標づくり>でサポートする
ベターライフスクエアです。

投資信託をはじめると、基準価額というものが出てきます。

基準価額とは
投資信託の1万口あたりの値段です。
ある投資信託の運用がスタートした時、最初の価額が1万円となっています。

1万円スタートなので、
同時期に運用スタートとなっている投資信託であれば

自分の買った時がそれよりも低ければ
安く買えた
それよりも高く買っていれば
投資信託の投資先の価値が上がっているんだな

と考えればいいと思います。

でも現実にはそういうものはないので

投資信託ごとの基準価額×(保有口数÷1万口)

で価値が決まります。

基準価額が高いからとか、低いからで決めないようにしましょう。

基準価額は毎日1つ発表されています。

日々の基準価額はその時購入した人や
売却(譲渡)した人の基準価額となります。

基準価額は投資する側からわからない状態で決められるので
公正で、取引はわからない状況で行います。

コメントの入力は終了しました。