平成28年分の路線価が発表

7月1日に今年分の路線価が発表されました。

路線価は都心部を中心にまだ上昇傾向ですが
2020年までは大きく下がることはないのでは、という見解も多いようです。

路線価といえば

相続になったときの納税額
贈与や遺贈となったときに計算するうえで
使われるものです。

今年中に相続、とならなくても

土地を多く持っている人や
現金が少ないという人の場合

特に資産額の確認が必要です。

資産額の大小にかかわらず

次につなげるためにもどの資産を維持したいのか
全部維持したいという気持ちなのか

それ以外にも

資産を次の世代へつなぐために納税する場合、
物納は難しいので、

現金をどのように準備しておこうか

ということ

それと、資産を分けることになった場合に

この不動産はほしい
この駐車場はあなたでいいからこの農地も一緒に相続してという風に

家族間の問題に発展しないように

まずは
資産の整理整頓からはじめていく「見える化」
ちょっとしたトラブルすら出さないために大切なことだと思います。

資産の見える化「資産一覧表」は当事務所で作成できますので
いつでもご相談ください。

コメントの入力は終了しました。