勤務先の利子補給と住宅ローン控除 選ぶなら

一戸建ての住宅ローン相談をお受けしている
ベターライフスクエアです。

住宅ローン控除を受けたい場合
借入金の条件が大前提としてあります。

まず返済期間。

10年以上の借入となる住宅ローンであること

です。

親族にかりるのは当てはまりません。

勤務先で融資制度を利用する場合、

金利が1パーセント以上

でなければ
住宅ローン控除の対象とはなりません。

また、金融機関の住宅ローンの契約をしても、
利子の一部を補助してくれる
利子補給制度がある会社もあります。

利子分の補助をしてくれた場合でも
残りの自己負担が1パーセント以上なければ
住宅ローン控除には当てはまりません
ので
利子補給制度を利用する場合は気を付けましょう。

コメントの入力は終了しました。