100年先を考えたすまい

日本では

なかなか「100年住宅」というものが
知られていません。

200年住宅という建物もあります。
なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

外国では多くあるようなのですが
家を長持ちさせて、
世代から次の世代へとつなげていく建物です。

不動産オーナーの方は
このような住まいを海外で売り買いしています。

今建てられている日本の家の大半は、
リフォームをしながら住んでいくというのが
イメージしやすいと思います。

国としては、中古やリフォーム市場を
あと5年以内に20兆円の大きさにしようとしているようです。

古民家のように、

構造自体をより堅固にした長持ちする建物を考えるか
後からリフォームをしながら維持するか

資金計画でも随分違いが現れますね。

あなたはどちらのタイプがいいと
思いますか。

コメントの入力は終了しました。