保険を考える前の前の考え方

今の時代、保険は
「貯金になります」「預金に金利はつかないからもったいない」
という話が多くあります。

でも、基本の考え方として知ってほしいのは
保険は貯金のために入るものではない、
ということなのです。

保険は、困ったときの大きな出費を支えたり
頼りにしていた継続的な収入がなくなったときの支えになるのです。

だから、

大きな保障を
必要なときに、
少ない保険料で

というのが

私の中では
正しい考えだと思っています。

本来貯金や資産運用は
他の方法で行えます。

なのに、おすすめされて
なぜ保険ではいるのか?というところが
ポイントなのです。

貯金といわれるような保険でも
保険ではいる一番のメリットは

ちゃんと払っていける

という点です。

毎月毎月、給与引き落としであれば
引き落とされたあとのお給料が手元に届きます。

「これだけのお金で生活する」という設定ができています。

口座引き落としであれば
毎月、毎年引き落としの時期がわかっています。

これも支出の把握ができれば
残ったお金で生活するという設定があなたの中でできあがります。

正直、口座引き落としでも
払えなくなってしまう人はいるため
誰でもとは言いがたいのですが、、、、

こういう利点があるのは
貯金や運用が目的とした保険に入る意味になると思います。

コメントの入力は終了しました。