夫婦で家のお金を出し合うとき

家を買うとき、頭金など含めて
夫も妻もお金を出したりローン契約をすることがあります。

こういう場合、お金の割合をちゃんとしておかないと
贈与とみられてしまう場合もあります。

例えば、、、

Mさん夫婦の場合を考えてみましょう。
Mさん夫婦は4000万円の家を買おうと思っています。

資金として
旦那さんが今までの貯金の中から300万円出して
奥さんが一生懸命ためてきた500万を出しました。

残りの3200万を

夫が2500万円
妻が500万円

となる住宅ローン契約です。

トータルで見ると

夫は貯金からの300万、ローン2700万で3000万円
妻は貯金からの500万、ローンで500万で1000万円

となります。

この場合

夫婦の持ち分割合は

夫が75パーセント
妻が25パーセントとなります。

この割合で土地や建物の割合も入れるようにしましょう。

「割合はどうしますか?」

こういうことを契約の書類などの手続きの渦中に聞かれます。

手続きが多く、冷静に考える余力が
残っていないかもしれないので
忘れずにメモなどして残しておきましょう。

最終的な確認は
税務署などで相談してみることをおすすめします。

コメントの入力は終了しました。