確定拠出年金制度の長所とは

国の制度として広がりつつある「確定拠出年金制度」(DC)が
いまひとつわからないという人のために
書きたいと思います。

今回は
確定拠出年金の<長所>を紹介します。

この年金は
税金が非課税になっているお得な制度だととらえよう。

確定拠出年金制度は国が推奨している
未来の自分年金づくりツール
です。

国が推奨しているもので身近なものには

家を買ったら<住宅ローン控除>
地震保険に入ったら、<地震保険料控除>

が挙げられます。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

家を買うと、ローンを組む人が多くなります。
すると銀行の売り上げが上がります。

家を買うと
その家を作るための資材や運搬、設計や土地調査、監督、施工、インテリア、小売店など
様々な事業者の売り上げになります。

大きな経済循環が生まれるわけですね。

なので、国では住宅ローン控除という
税メリットを特典でつけています。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

次に地震保険料控除です。

日本は誰もが知っているように地震大国です。

地震によって建物の被害が起こり
住民にも大変な影響を及ぼします。

なので、地震保険を
火災保険に追加して加入すると控除が受けられます

地震保険の補償額はとても大きく民間の保険会社が負う責任を
政府が再保険としてかけています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、確定拠出年金制度も国のサポートが
非課税として入っています。
未来の年金を自分たちでも準備してほしいからです。

お金をはたらかせてお金をふやしていく場合、
同じ掛け金で同じ利益を目指すならば、より長い期間が必要です。

そのため、

掛け金は非課税
運用中の利益(利息・配当金・分配金・売却益)は非課税

となっています。

掛け金を拠出する投資商品も
確定拠出年金用(DC)商品となっており
運用中の手数料も低く
なっています。

実際年金を受け取ることになった場合

公的年金控除の対象、
一時金受け取りなら退職所得控除

となっているので

資産運用をするうえで気になるデメリットは
極力軽減されているといえます。

コメントの入力は終了しました。