お金の預け先は絞りこみを

定期預金や普通預金にお金を預けているだけでは一向に
お金は働いてくれません。

もちろんお金を預けているのは問題ないのです。

日々の生活や、急な出費のために必要なお金は
すぐに払い出せるところにないと困ります。

すぐに払い出せるといっても
最近の銀行サービスは徐々に動いてきていますよね。

某S銀行の金融サービスは設立当初、振込手数料がかからない回数が多く、人気が出ましたが
今年に入ってN銀行が設立当初に行っていたサービスと同様、
口座を持っている人の選別を始めています。

サービスとして振込手数料や
引き出し回数を無料で何度でも行える対象者は

銀行に給与振り込みがあること
銀行で住宅ローンの申し込みがあること
銀行で外貨預金の保有が一定額あること
銀行で専用クレジットカードを持っていること

のうち1つならばこのサービス、
3つ以上あればこのサービス、のようになっています。

多くの金融機関が口座保有者の選別をしてきているのです。

銀行での取引が多くあればあるほど
手数料がかからない範囲やローンの金利優遇などを広げているわけですね。

口座を持っているだけ、あまり取引をしていない口座などがあれば
それぞれ銀行の状況を確認し、早めに整理をしておいたほうが良いと思います。

生活のための資金を預けておく口座
住宅ローンを返すための口座
子供のためのお金を準備するための口座
保険料などの引き落としをする口座

このような考えで
主な銀行は絞り込みをしましょう。

お金をふやすための口座は別に作っていくことが
これからお金を増やし資産作りをするうえで、必要な最初の一歩だと思います。

コメントの入力は終了しました。