変動金利の住宅ローン返済表を見よう

変動金利の住宅ローンを
利用している人向けに書いています。

今回は
「返済予定表を比べてみよう」です。

変動金利の住宅ローンは、

返済開始から
5年ごとに返済予定表が届きます。

返済するお金が
金利の変化によって違ってくるからです。

金利が下がっていれば、

毎月の返済額の中で
借入元本分が多く返せます。

金利が上がっていれば、
毎月の返済額の中で
元本分が少なくなり、利息が多くなります。

また、前の表を見てみると
5年ごとに

返済額が違うことがあります。

最初より多い金額になっているなと
気づけばいいのですが

返済額は最大でも1.25倍です。

もし13万1500円払っている人がいたら
それが1.25倍になると16万4375円です。

ここまで増えれば気づきますよね。

1.05倍だとどうでしょう・・・。
13万8075円です。

これでも金利が動いている
証拠ですよね。

この微妙な金額の時に
あなたがどういう風に決断するか
考える時間があるか、

それによって

さらに5年後の返済額に
大きく影響が出てくると思います。

コメントの入力は終了しました。