金利が上がり始めた変動の住宅ローン

変動金利の住宅ローンについて書いています。

今回はローンの返済表についてです。

金融機関によって
返済予定の内容は少し違っていますが

見てほしいところを紹介します。

それは、、、

「返済表の利息が微妙に上がっている」

かどうかです。

契約当時の表だけをみると
違うかどうかわからないので

直近のお知らせを見るといいと思います。

変動金利は年に2回、
金利の変更

があります。

金利が上がると
利息が増えます

利息が増えると
その前から残っている元本が減りにくくなります

わかりやすく言えば

15万円のローン返済のうち
10万円が元本+5万円が利息
という組み合わせだったのに

金利が上がると

元本が8万円+利息が7万円
という組み合わせになるということです。

元本が減りにくくなると
予定していたようなローン返済とはいかなくなり

返済期間の最後に
「残ったお金を払ってください」という結果になります

「もうちょっと後に引きのばして払いますから」
というわけにはいかないんですよね・・・。

こういう時は
期限ギリギリではなく、
早めに銀行に相談に行くことで

解決できることもあります。

契約した時の金利が高く、
今のほうが金利が下がっている場合は
反対の状況になります。

つまり、、、

金利が下がっているから
毎回支払う利息が減ります

利息が減るということは
払うお金は同じなので、
元本が減りやすくなります

契約した時と違って
金利が下がり、支払う利息が減っているので
支払う元本が多めになり、

ローンの元本が
減りやすくなってきます。

コメントの入力は終了しました。