退職後に国民健康保険を選ぶ

会社を退職したのちに国民健康保険を選んだら

健康保険の考え方が変わります。

国民健康保険は世帯単位で金額が決まります。

そして納付の義務を負っているのは
世帯主となっています。

世帯主が国民健康保険でなくなり、後期高齢者医療保険になっても
妻が国民健康保険の場合は、
納付する書類は世帯主あてに届きます

世帯主が何の健康保険なのかというのは
無関係です。

この点に注意しましょう。

保険がかかる期間は年度単位、
つまり4月から翌年の3月までで決まるのが
国民健康保険料(税)です。

6月に加入したら
6月から翌年3月までの保険料(税)が決まります。

会社を退職してすぐに国民健康保険に加入する場合、
退職後14日以内に市役所の窓口で手続きをしなければなりません。

八王子市の場合、本庁舎の保険年金課、
または市民部各事務所で行います。

持ち物は

社会保険資格喪失証明書(退職日がわかるのの)
個人番号カードまたは通知カード(マイナンバー)
印鑑

となっています。

コメントの入力は終了しました。