退職したら~まず未来設計をしよう

3月で退職という方が身近に多くいらっしゃいます。
新しい旅立ちという感じですね。

定年退職となると、今までと同じ状況では困ることがあります。

それは、

「今までと同じお金の使い方をしている」

という人の生活です。

60歳であった場合で考えますね。

今までと違うのはまず、

収入
です。

お給料制であったものが

人によっては同じお給料制であっても
働き方が変わり、
収入は減少します。

今では国の年金も65歳から支給なので
前倒しにもらうことにしない限り
60歳から65歳までの国民年金、厚生年金は受け取ることができません。

もし保険会社で加入していた個人年金保険があれば
それは60歳からもらえることもあります。ただし多くの場合は10年といった期間のあるものです。
いくらもらえるものになっているでしょうか。

また、財形年金制度も
60歳受け取りであれば、期間限定ではあるものの重要な収入源です。

他には何がありますか?

このように、収入などの目安となる金額もわからず生活をしてしまうと、
手元にある預貯金額を取り崩すスピードが速くなってしまい

気づけば取り返しのつかない生活になってしまうことがあります。

このように、収入がどれくらいになるのか、
そして、足りないかどうかは今後の支出を考えます。

まずは退職したら1~3か月以内に
未来設計から始めましょう

ベターライフスクエアでは
未来設計をするためのお手伝いを行っています。

・ここから30年や40年といった人生を暮らしていくうえで
充分やっていけるのか。

・具体的にいくら不足するのか。

・こういう支出があったとは知らなかった。

ということがないように、
あなたと一緒に考えながら設計を行っていきます。

見積もりは無料ですので
お気軽にご連絡ください。

コメントの入力は終了しました。