公示価格が発表~土地の価格を見る指標

土地の公示価格が発表されました。

マイナス金利により、
土地、不動産が買いやすくなったのは事実ですが

土地を購入するために
より金利負担が少ないものを

でも土地の価格が
低すぎるのもなあといったときにも
得ておきたい情報です。

公示価格の8割が相続などの時に
使われるものになります。

公示価格は
1月1日時点の内容を3月に発表するもので、
国土交通省が示しています。

複数の専門家によって検証される価値基準で、
土地そのものの価値が分かる内容です。

家を買うときにある話ですが
早く売りたいと思っていれば
当初よりも販売価格が下がることがあります。

お客さんがたくさん来そうなものならば
販売価格が高めになっていたりします。

公示価格というのは

偏りがない
客観的な指標となるので、

公共事業の土地のようなものの
価格の目安
にされたりしています。

実際に購入するときの価格とは
大きく異なることもあるので

土地の価格は
上昇傾向なのかどうか、といった

今の流れなどを見たいときに
利用することになります。

コメントの入力は終了しました。