一時払い終身保険のポイント

一時払い終身保険の活用法を前回お伝えしていますが、
今回はそもそも、「一時払い終身保険」ってなんだろう?ということを紹介したいと思います。

一時払い終身保険は

「一時払い」「終身保険」に分かれます。

終身保険を先に紹介します。

終身保険は

保険料を払っている間、または払い終えてしまったものに対して
死亡保険金が一生保障されている保険です。

おもに、

お葬式代といった一時的な費用として使えるように、
各保険会社で「すばやく」支給するような方法を取り入れています

なぜならば、亡くなってしまった人の口座が凍結されて
お金が引き出せなくなった場合に

この保険金を使って

病院や葬祭業者、寺社など、
様々な支払いをすることができるからです。

そのため、大きな保険金額として準備するのは一般的ではありません。

一生死亡保険金が保障されるということは、
保険会社が<いつかは払わなければならない>金額なので

保険料も掛け捨てのものと比べて
高めに設定されています。

保険商品の営業をされると

この保険を貯金として、とか子供の教育資金としてとか
すすめられることもあります。

これは保障内容ではなく、解約返戻金をみて
説明されていると思います。

この目的は、あながち間違いではないのですが、

予定金利もずいぶん下がったので(マイナス金利が騒がれる前でも)
今ではあまりメリットが高いとはいいにくい商品です。

終身保険=貯金という感覚は
そろそろやめた方がいいのではないかな?

と思います。

***************************************

「一時払い」とは

契約時に期間中に払う保険料を一括で払ってしまうということです。
おもに、銀行窓口で行われています。

保険商品の販売は銀行の営業方法として、
利子を集めるための事業に含まれず、
保険手数料が直に入ってくる事業です。

銀行にある「貯金」に近い
「終身保険」や「年金保険」が売りやすいようで、
よくおすすめされているようです。

毎月払いと違い、一時払いなので
手数料も大きくなりますし助かる事業なのです。

その代わり一時払いにすると契約する人にも特典があります。
それは「割引」です。

毎月払う保険料よりも一括払いで払う保険料の方が安くなります。
保障の目的が「死亡保障」という人で
一時払いで払うことができるのは、相続対策の人が主になります。

それなりの資金がある人で
<貯金>という名目で終身保険に加入する場合、
他の資産配分も考えているかどうかは質問として投げかけたいところです。

それでも終身保険を貯金として考える場合は
早期に途中引き出しや解約をしてしまうと
払った保険料よりも解約金が少なくなってしまうので
無理のない範囲を検討しましょう。

コメントの入力は終了しました。