相続時の土地の価値を計算するとき

毎年7月に国税庁から発表されるのが
路線価です。

路線価とは、
相続時に使われる土地の評価方法です。

路線価は毎年、専門の方々の協力で更新される評価で、
後に紹介する公示価格の8割と言われています。

公示価格は4月に発表されるので
まだ路線価が発表されていない時期ならば、

公示価格の8割とすることで計算ができます。

路線価は

道路についている価格

です。

もし家が角地にあったりすると
便利で使いやすい土地とみなされ
評価が上がったりします

家を売るときは評価が高いほうがいいですが、
相続となると、評価が高ければ相続税にも影響します。

そのため、評価が高い土地であれば
「相続対策をしましょう」といわれがちです。

路線価はインターネットでも見れますし
税務署に行っても確認できます。

ちなみに、日本一高い路線価(住宅地 商業地含む)は
銀座にあります。山野楽器銀座本店です。

銀座に行くたびつい、(職業病です)見てしまいます。

前回は1㎡で2696万円でしたね。
家が一軒
新築マンションが一部屋
買えそうなお値段です。

今年はどうなるでしょうか。

路線価が定められていない地域
倍率方式で計算します。

この計算では後に紹介する固定資産税評価額
一定の倍率をかけて計算する方法をとります。

コメントの入力は終了しました。