期限付き固定金利の住宅ローンを繰り上げ返済する

住宅ローンの中で
固定金利が1年とか、3年、5年、10年といった
銀行で約束されている金利に期限がある住宅ローンがあります。

繰り上げ返済する場合、
返済開始時すぐに返済したほうが
将来金利につく利息をなくせるので
頑張りたいところです。

でも現実には
家を買った後すぐに
繰り上げ返済ができるほど

資金力のある人、
なかなかいないのではないでしょうか。

すぐに繰り上げ返済するわけではないけれど
借りてから数年後に
貯金ができて
繰り上げ返済したいなと思い始めた人は

繰り上げ返済によって
どんな効果があるでしょうか。

ひとつとして挙げられるのは
約束している金利が
期間限定なので

「固定金利期間が終わったとき」に
備えることができる

という点です。

今の金利ではローンは返せているが
もし金利が上がっていたら
返すお金多くなって苦しくなってしまう・
・・

そんな心配を減らすために
繰り上げ返済をします。

今の金利は1.3パーセントだけれど

もし1.8パーセント以上になっていたら
ローンの額が毎月○○万円になってしまうから

今のうちに元本を減らしておけば
ローンの額は多くならなくてすむな・・・・・

そのために元本はどれくらい減らしておくと
いいのかな?
といったように、

「金利がどのくらいになったら」
「元本はいくらくらいになっていると大丈夫かな」

の2つを考えておくと
もっと、繰り上げ返済の効果が
実感できると思います。

コメントの入力は終了しました。