がん保険の一時金

がん保険には

診断給付金という一時金が保障されています。

ほとんどのがん保険についています。

最近のがん保険は

がんと診断されたら
一時金を受けとる回数が何回もあります。

2年に1回が一般的です。

でも、昔のがん保険は
1回受けとると、それで終了でした。

もし一時金が主となった
がん保険ならば、

がん保険そのものが
終わってしまいます。

診断給付金が主のがん保険かどうか、
(保険証券でわかります)

そして、何回も支給されるものなのかによって
本人だけでなく周りの家族にも
大きな影響が出てきます。

内容の確認をしてみましょう。

コメントの入力は終了しました。