死亡保険の形について

家族がいる家庭の場合死亡保険に加入するのは基本だと思います。
その場合、死亡保険の形は3つあります。

ここのところの王道は三角の形の死亡保険です。

収入保障保険と言われるものがほとんどで、逓減定期保険というものもあります。

収入保障保険は年金形式で契約に応じた期間、家族のために死亡保険が支給されます。
逓減定期保険は一時金形式で、いつ亡くなったかによって金額が変わる死亡保険が支給されます。

2つめは四角い形の死亡保険があります。

期間が決まっていて
その間は契約した時と同じ保険金額が一定で保障されています。

最後は細長い形で最後の区切りがない死亡保険です。

これは期間が決まっていなくて(つまり生きている間ずっと)
保険金額が契約した時からずっと同じ死亡保険です。

この3つのうち2つを組み合わせたり
ひとつに加入することで

万が一のときに支えとなる死亡保険を
その家庭やライフスタイルに合わせて
形作るのが生命保険の設計になります。

コメントの入力は終了しました。