がん保険の加入ポイント(保険会社が決められないあなたに)

がんに対する不安を抱えている方の場合

保険の中で、医療保険とともに
がん保険を検討すると思います。

さて、がん保険は今どのようなタイプが多いのでしょうか。
加入するポイントとしてまとめたいと思います。

□がんと診断されたら一時金がもらえるタイプ

診断一時金といった名前になります。
病院でがんと分かった場合受け取れる一時金です。
本人が診断されたことが分からなくても
契約するときに家族の名前を書いておくことで、
がん保険の受け取りができます。

このお金が出たことが本人に分からないように
非常に慎重な流れで保険会社は給付をしていきます。

代理請求人といったものを契約時に記入することで
本人がわからなくても請求することができます。

□がんの入院給付金がある

がんになったことがわかり、入院して治療をした際
受け取ることができる給付金です。オプションのものもあります。

1日につき日額いくらというように支給されます。

通常の医療保険でも
入院給付金は出るので、あえて加入しなくてもいいかな
と考える人もいます。

□がんの治療に対する一時金がある

がん治療で特定の治療をした時に受け取れるオプションです。
抗がん剤などの治療を行ったときに給付金を受け取ります。

□がんによる通院給付金がある

がんの治療のために病院に通い、治療を受けたり医師の診察を受けたり
くすりをもらったりすると思いますが、
入院をしないで治療に通う人が増えてきたため、
通院を加入の重点ポイントにする人もいます。オプションの保険です。

こちらも医療保険に通院がついている保険に加入している人の場合
追加となることもあるのでその点を確認しましょう。

□がんによる保険料免除がある

がんになったとき、それ以降の保険料を払わずにがん保険を維持することができる
オプションです。学資保険のように払込免除になるというわけですが
学資保険のようなセット料金ではないので保険料は別途必要になります。

このほかにも、細かなものがありますが
主なものはこの5つです。

これを踏まえて希望に合わせていきましょう。

A:保険料を安く抑えたいならば・・・・・
一時金だけのがん保険を取り扱っている保険会社

B:通院を重視したいならば・・・・・・
通院給付がある保険会社

C:医療保険とセットでがん保険の一時金もという人は
医療保険はシンプルなもので、オプションでがん一時金を付けられる保険会社

D:がんになったときの保険料負担も抑えておきたいという人は
<がんになったらという条件>で保険料免除のオプションがある会社

この4つで進めていくとよいと思います。

A/B/C/Dの保険会社がどこなのか?

知りたい方は
お気軽にメールをお送りください。

どれだけお問い合わせが来るか分かりませんが、、、、、、

保険会社名だけご紹介します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文(必須)

ご確認いただきましたら送信をお願いします。

コメントの入力は終了しました。