買いたくなる気持ちを抑える考えかた

家を買いたい時って、
視覚から入ってくるものが
大きく影響されているなあと思います。

よく初対面の人に対して使われる心理として
メラビアンの法則は

家にも応用できると思います。

メラビアンの法則とは、

視覚 55パーセント
聴覚 38パーセント
言語 7パーセント

の割合で

初対面の人の印象に対して矛盾した情報が与えられたとき
どれを重要として、判断するかというものです。

例えば

マンションの建っている雰囲気
内装を見て

「素敵!」

というのは
誰でも思うことですよね。

もしこの後に

営業の人が「これは○○○がついていて便利なんですよ」と言われれば
本人は好印象なので、便利なものがついているならなおさらいいなあと思います。

でも営業の人が「これは実は○○○万円」なんですよ
と言われても
耳に入れた価格はともかく、視覚のほうが優先されるので

「いいなあ」
「ほしいなあ」

という気持ちが残ってしまうわけです。

今回は、家を探しているときの
心理状態を、冷静な気持ちに置き換えるために

紹介してみました。

コメントの入力は終了しました。